知ったかぶりの話し

知ってるつもりの思い込みの感覚に、非常識な横やりを入れて覧る試みです

「もうついていけない」を笑うの話

職員が退職したい理由として「もうついていけないという」事がありますが、普通に「えっ 誰についてきていたの」と聞きたくなります。何故なら、今時会社や上司についていっている職員などいないと思うからです。「従っている」とか、「一目置いている」なん…

野次馬人間遭遇記の話

第1の巻 ドアが閉まりますと言うアナウンスがあったのに閉まらない。どうしたのかと思っていると「お見送りの方は黄色い線の外に出てください」とアナウンス。迷惑な奴がいるもんだと学生か、会社員かと想像しているのに閉まらない。悪質な奴らだなと勝手に…

中国とインドはどこへ行くの話

一応民主主義の国に入っているインド、専制主義の国と言われる中国、この二国は領土問題を抱えるアジアの大国同士です。人口でも双璧で歴史も長い古豪と言っても間違いのない大国でもあります。今のロシアとウクライナの戦いで欧米はこぞって、民主主義を守…

相談支援員の相槌は不愉快だの話

事例が、少ないと言うのは事実ですが、相談支援の電話対応を聞く機会が何回かあって感じた事です。それは、相談員が電話の向こうで話している相談者に「うん、うん、うん、うん、うーん……………」と相槌を打っているのが聞こえたことです。「うん」ではなくて「…

加害者が被害者にすり替わり新たな被害者を生んだ話

中途採用の新任の職員が、研修中に断りもなく他の部署にチョイ抜けを一日に三回ほどしました。抜けて来られた部署が嫌がって上司に報告した事でこの新任職員は注意されました。すると今度は当日研修担当だった別の職員に猛烈に因縁を付けました。初めは相手…

無人販売の窃盗被害ネット動画は犯罪者を誘導した罠仕掛け宣伝ではの話

冷凍餃子の無人販売所を運営する会社が防犯カメラの映像をインターネットに流して怒りを強調したり、肉の無人販売所が同じように窃盗被害現場映像を晒して、犯罪者の画像をテレビにまで流させていることは、案外「宣伝の為」わざとやっているのではと疑われ…

福祉そして相談支援のレベルの話

知的障害者の相談支援制度そのものに批判的な意見を持っているのですがこんな事例を見聞しました。知的障害者のグループホームのサービス管理者がそこを利用する若い女性に衣類のプレゼントをしたりして最後は性的関係を成就しました。女性はその事はグルー…

日野イオンモール多摩平の森のリスクマネージメントは、いい加減だの話 他の用事で予約の時間まで余裕が有ったので近くの日野イオンモール多摩平の森で買い物でもと立ち寄りました。ところが9時30分ごろについてみると、8時30分から営業しているのはス…

苦しんで死んでくれと言えない被害者の話

絞首刑は「残虐で非人道的で違憲」と死刑囚3人が国を提訴したと言う記事が掲載されました。原告の3人は2000年代以降に刑が確定している死刑囚で、絞首刑では死亡までに時間がかかることで苦痛を与えるほか、「遺体が激しく損傷する恐れがある」と主張…

金、金の宗教は経済テロと同じの話

信教の自由を守る為に宗教法人の調査が出来ないと言うのは、ただの言い訳でしかありません。信教の自由の一番大事な事は「宗教の押し付けが国家によって行われてはならない」という事で宗教法人さえ確保できたなら治外法権になるという事ではないのです。簡…

山が無くなる採掘はSDGsより深刻だの話

石灰岩は,主に大昔の生物の殻などの炭酸カルシウムが堆積してできた岩石のことで、過去にはサンゴ礁だったという事であります。海で堆積してできた石灰岩が地殻変動によって隆起して出来た山や台地には鍾乳洞が形成されることもあります。石灰岩は、現代の…

スポーツから勝利至上主義を取ったらスポーツでなくなるの話

スポーツで体罰や不祥事が起きるたびに、スポーツの勝利至上主義が非難され、関係者からはスポーツの利点が言い訳されます。そして、スポーツの勝利至上主義を否定する関係者も、勝利を諦める事ではないなどと勝利を求めた結果に勝利至上主義がある事を認め…

仏法の力はこの程度の話

「残念ながら境内のトイレは撤去することになりました」と言う報道記事が出ました。兵庫県西宮市六甲山の麓にある高野山真言宗鷲林(じゅうりん)寺の境内にある参拝者用トイレを撤去しなければならなくなったのは利用者の一部の不埒な奴がいるからだという…

仏法の力はこの程度の話

「残念ながら境内のトイレは撤去することになりました」と言う報道記事が出ました。兵庫県西宮市六甲山の麓にある高野山真言宗鷲林(じゅうりん)寺の境内にある参拝者用トイレを撤去しなければならなくなったのは利用者の一部の不埒な奴がいるからだという…

外交なんて復讐法の実践の話

外交では、自国の外交官がスパイの疑いで国外退去となると、その同数の相手国の外交官を国外退去にすると言うのが普通のやり方です。「やられたら倍返し」なんてことはなく意外と同等の対応をすると言うものですが、それが復讐法そのものなのです。つまり、…

高齢者は行儀が悪いの話

現代では、100歳以上の方が9万人を超える長生きの時代になりました。ですから70歳以上の高齢者などどこにでもいる時代です。そして、この70歳から80歳の高齢者こそ曲者で行儀が一番悪いと言えるのです。この辺の高齢者は、実は総じて面白い時代を…

nhkの悪事は続くの続編の話

NHKは(2021年6月)宛名を書かずに住所だけで送れる日本郵便の新たな郵便サービス「特別あて所配達郵便」を、受信料徴収業務に導入することを明らかにしました。この郵便物の方法は、郵政事業が公共と言う看板を下ろしてチラシ配布と同じレベルになった事…

生まれながらの不平等に憧れる人々の話

イギリスのエリザベス襄王の死で、王室がきらびやかに広報されていますが、生まれながらにして不平等の象徴である王室を美化するのはほどほどにすべきだと思うのです。実際エリザベス女王の時代にも、植民地への過酷な対応や醜聞が山ほどあった事は事実です…

突然草取りをしていい気分の人の話

先日職場の小さな花壇を見てがっかりしました。この小さな花壇は、幅30センチ、長さ1メートル20㎝程度で正門の横に体裁程度についているものです。この職場の99%の職員は自家用自動車通勤ですから道路から正門へ入るときに前後の車に気を付けても花…

「SDGs」賛成、でも「落ち葉は嫌い」の話

産経新聞に「羽州街道古道のケヤキ並木伐採で歴史的景観が一変」と言う記事が掲載されました。内容は、奈良~平安時代の地方官庁・秋田城と関係が深い秋田市寺内地区の羽州街道古道の東門院跡のケヤキ並木の大きいもので高さ約30メートル以上、幹回りは3…

ゆらぎが自然崇拝の原点の話

日本古来の楽器に、尺八があるのですが、なんでこんな楽器が定着したのかを考えてみると意外と面白かったと言う話です。色んなことに日本風という事が出てくるのですが、日本風って何、西洋風でも中華風でもないってどんなことと問われると意外にこうだと言…

ジャーナリズムだ報道だといっても偏っているの話

-小川雅朝容疑者(32・以下ハウル)が16歳の少女に対する東京都の“淫行条例”違反で警視庁に逮捕されました。その4カ月前、NHK「クローズアップ現代+」は「トー横キッズ」を特集した時に、この犯罪者をトー横に集まる子供たちの救世主かの如く取り上げました…

縄文時代が1万年続いた理由の話

今から約1万6千年前に始まったとされる縄文時代は、約1万年以上続いたとされ、一つの時代がこれほど長く続いたのは世界でも類がないと称賛する声もあります。青森県の北にある大平山元遺跡からは1万6500年前の縄文土器が出土している事からも間違いはないの…

物で釣る、ふるさと納税は、税金の割引制度でしかないの話

地域支援として、ふるさと納税制度が始まって10年が過ぎようとしていますが、自治体間の寄付獲得競争が過熱したり、返礼品がネットショップ転売されたりと問題や課題が次々と出てきています。その原因は、ふるさと納税が、物で釣る事による損得勘定で運営さ…

研究者の無知と利己的欲望がアイヌの遺体を貪るの話

考古学や歴史学の研究者にとっては大発見でも社会的には些細な事が実際には多くあります。その発見は、その研究では画期的な事だとしても社会的にはどうでもいい事の一つに歴史学があります。人間は、過去から学ぶことはあっても、過去からの学びを実践する…

宗教の教祖こそサタンの手下だろうと言う話

「人間の堕落によって世界はサタンの王国になったので、クリスチャン以外の全世界はサタンに支配され、サタンの腕に抱かれており、人間はサタンの奴隷であり、クリスチャンになるとはサタンの支配から神の支配に移されることを示している」と言うのがサタン…

僕らは戦場に行かなかっただけで戦争を知ってる世代ですの話

「戦争を知らない子供たち」と言う歌が反戦と言う感じで歌われて、なんとなく満足していた世代に「だから平和ボケ」なんて言われるんですよという話です。「知らない」という事と「参加していない」という事は全く違うと思うのです。戦後日本は、長く戦場に…

日野市市役所職員は、無駄を強制するの話

膝を痛めて、50㏄バイクのキックができなくなったことから、7年ぐらい放置してしまったバイクを修理して息子に譲る事にしたのです。親切なバイク屋さんで機嫌よくこれが最後かとバイクを楽しんでお届け。後は名義変更と自賠責保険の変更だけだからと日を改め…

「形は変われども心を繋ぐ」が伝統と言うものではありませんかの話

信濃の国の御柱祭(おんばしらさい)は7年目毎、寅と申の年に行われ樹齢200年程の樅(もみ)の巨木を曳建てる日本でも有名な諏訪大社の最大の神事です。その始まりは、804年の頃からとされていますから、1200年にも及ぶ歴史があり伝統と言う名に…

メンタル強い人に会ったことがない

よく「あの人 メンタルが強い」からと他者を評価する事がありますが、私は、「メンタルが強い」人に会ったことがありません。誰もが、不安を持ち、悩み、自己嫌悪に陥り、頑張ってもいい事がないと感じ、心が波打っていると言う人ばかりです。「メンタルが強…