読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ったかぶりの話し

知ってるつもりの思い込みの感覚に、非常識な横やりを入れて覧る試みです

おしっこは、はねるという話

 バケツの水に上から水を注ぐと、結果としてはバケツの中に収まるのですが、初めに注いだ水は、はじいて四方に飛び散るのです。つまり、バケツの水には表面張力がありますから、注がれた水は、その表面の壁に当たって飛び散ると言う事です。男性が立って小便をしたとき、便器に水が張ってあれば、小便が周りにまず飛び散ってから水に交わっていくと言う事です。要するに、少しでも距離が長くなるほど勢いが強くなりますから、自分の足下のズボンに飛沫となって掛かる可能性が高くなるるです。トイレで、男性用の小便器に向かうと、水では無く陶器ですから、尚更に、飛沫はズボンに付きます。もう一歩前に行くほど飛びます。大便器に立って行えば、飛沫は便器を汚します。最近は、服装のせいか便器の前で、ベルトを外している人も見られます。今時の家庭では、便器は一つで、男性用の朝顔が無くなりましたから、座ってて排尿することが多くなったことも影響しているかも知れません。トイレ掃除は大変です。

 最近の学校には、男性用小便器が無くなっているそうです。そう、学生の時男は大便器の方に入るのは度胸のいることでした。飛び散るおしっこで清掃が大変な小便器がなくなれば、全部個室です。飛び散らないようにじっと座って排泄する方がいいと思うのです。