読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ったかぶりの話し

知ってるつもりの思い込みの感覚に、非常識な横やりを入れて覧る試みです

水道水は汚水から作られる汚水の話

  日本の水道水は、安全と思われていますが、それは、問題あると言わないだけで、何年後かには、実は毒だったなんてことが発表されるかも知れません。何故かというと日本は、川の水を原水にすることが多く、生活排水や農業用水だけでなく、雨天による、中国からの黄砂や工場の煤煙も降り注ぎ、放射能も降り注いでいる汚水を原水としているからです。ですから、そのままでも飲める水のチェックをして配水しているのではなく、汚水を、浄水場において急速ろ過方式で、大量の塩素と薬品によって汚水が浄化出来たと思って配水しているだけなのです。濾過方式というのは、沈殿と濾過を通して不純物を除くことで比較的芽に見えるものが対象です。塩素は、殺菌剤として使われ、薬品は化学反応で不純物の沈殿や中和に使用されています。確かに水は静かに置いておくと含まれている物質の重い物質から沈み上の方には綺麗な水が出来るとして沈殿は水処理では普通に使用する方法です。また、昔から木炭や砂、シュロなどを使用して濾過するという方法も採られていました。でもそれも限度があります。水道として大量使用する水の沈殿や濾過に時間を掛けられませんから、川の如く沈殿槽や濾過槽を流していますから、沈殿せずに浮遊しているものや濾過材の疲労によりすり抜けたり、濾過材から剥離して出てきたりもしています。さらに、川に流れた、食器洗剤や洗濯洗剤なんかは、昔の石けんなどとは違う複雑な化学式の複合物質や界面活性剤などは通常でも分離できない、検査さえ出来ていない物質も含まれています。農薬に至っては、総農薬数の量を把握できないぐらい進歩していて、現在の基準でさえも正確にはわからないぐらいです。さらに、その中に、殺菌としてたっぷりと塩素を入れます。水道法で、義務付けられているのは、末端の蛇口で0.1PPM以上と言う、普段の検査では見られない規定です。農薬なら~以下とゼロに近づけろという指示なのに、~以上入れろという指示です。つまり、塩素が少ないと法律違反ですが、上限が規定 されていないので、一杯入れても法律違反にはなりません。殺菌剤ですから、体に良いわけは無いのに、川の汚れが酷いからと多めに塩素を入れて塩素たっぷり水道水が出てきても違反にはならないのです。ある人は、塩素が多いとカルキ臭がしてすぐわかると思っていますが、塩素が有機物やアンモニア等と反応しなければカルキ臭は少ないのです。むしろ舐めて塩素臭がわかるぐらい塩素が入っていたら、非常に危険な状態です。塩素の濃度が濃いと、食器に濃縮残留塩素として乾燥されて体内に取り込まれやすくなりますし、気化しやすい塩素は、シャワーやお風呂の時に気化して吸引されてしまいます。髪を脱色するのに塩素入りが使われたり、排水パイプ等の洗浄や汚れの酷いときの洗浄に使用されたり、鉄さえも錆びさせる強力な物質です。それが上限なしに放り込まれています。ちなみに塩素は、呼吸器疾患や血管障害の悪化にもなります。さらに、浄水場で塩素殺菌を行う際に発生するトリハロメタン発ガン性物質で塩素の量に比例して発生しそのまま流されています。浄水場では、川の汚水を透き通った綺麗な水にしているように見えますが、実際は視覚では透明でも、溶け込んだ化学物質の汚染は除去されていないのです。水道水には、農薬系、洗剤系、塩素系(トリハロメタン)、鉛系、硝酸性窒素系、等々除去できない有害物質が含まれています。川ですから、中国の工場から何が出ているかわからない化学物質が空からいくらでもご飯のふりかけのように混ざっていますし、放射能なんかも山から流れ出ています。

 ただでさえ汚染されている川の水なのに、それを綺麗にしようとさらに、化学物質を投与しているというのが水道水です。過去の公害のように、誰にでも見えて危険とわかるような汚水などという単純ではなく、むしろ、視覚では確認出来ない、複雑な化学式を持つ物質で汚染されていることが大半なのです。自然の汚水、泥や砂、動物の糞や植物の腐敗、は、静かな沈殿や濾過で確かに除去出来ます。山に降って地下に浸透し谷間に出てくる間にも浄水されてきます。しかし、人間の作り出した化学的物質による汚染水を浄水して配水したなら経済は成り立たないのです。だから、水道水問題は社会化しないのです。社会的に問題となるときには、人に実際の被害が拡大してからなのです。水道水の、透明度や無味無臭は今や汚水ではないことの証明にはならないのです。