読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ったかぶりの話し

知ってるつもりの思い込みの感覚に、非常識な横やりを入れて覧る試みです

一緒は嫌だの話

 片足に、障害があり義足で走るランナーがいました。彼はすばらしい記録を打ち立て、障害者スポーツでは勝てる人はいなくなりました。当然のように、彼は、パラリンピックでは無く、義足でオリンピックへ出たいと言い出しました。陸上ですから、記録は明確です。オリンピック選手と同等の記録があります。途端に、今度は健常者がそれは不公平だと言い出しました。義足と言ってもバネを利用していますから、肉体の筋肉のバネよりも強固なものを付ければ、勝ち目は無い。機械と戦うのと同じで、公平では無いと言い出しました。パラリンピックで記録を出していたときは、同じスポーツをやるものとして賞賛し仲間だと言っていたのに、対等にやりたいと言い出したなら、機械仕掛けで公平で無いから一緒は嫌だと言い出しました。これは全くの仮ですが、絶対に勝てないけれどオリンピックの舞台で最後でいいから走ってみたいと障害者が言ったらどうでしょうか。テレビ的に感動できるなら可能かも知れません。スポーツは、相手を押しのけても勝つことが優先します。ファールなんか普通にあって、審判なしでは出来ない競技ばかりです。

 スポーツは、その人の努力を称えるものでは無くて、勝つことによってその努力を披露できるものです。障害者が、障害者の枠の中で努力しているなら、称えるけれど、その枠を超えてくるなら、ちょっと待ってが現実です。陸上競技は、裸足で走っているのではありません。靴の機能がとても今は重要になっています。だから、貧しい国の選手はそれを買えない時点で不公平なのですが、そんなことは問題とはなりません。まして公平・平等な環境や条件で練習しているわけでもありません。スポーツは金がかかるのです。だから、今スポーツは、万人が共有して楽しめるように広い門戸を広げているのでは無く、マス目のように壁が広がっていると思うのです。